クイーンコンテスト

きものクィーン コンテスト2010 実況レポート

きものクイーンコンテスト2010の模様

個性を感じる着こなしに圧倒! 共通するのは”和”を愛しむ思い

きものクイーンコンテスト2010の模様
コンテストは振袖、礼装、カジュアル・アンティーク、きものフレンドの4部門で審査が行われました。 「成人式の着物をもう一度着たい」、「祖母から母、そして私に受け継がれた大切な着物」と、自慢の着物とともに思い出も披露。 なかには着物に魅せられた外国人の出場も!
きものクイーンコンテスト2010の模様
きものクイーンコンテスト2010の模様
ハクビ京都きもの学院の先生方や審査員からは「さまざまな色、柄。そして組み合わせ方でこんなにも違う表情が生まれるとは」と感嘆の声が。 着物が好き、日本の伝統を大事にしたいという気持ちが会場にあふれていました。

そして審査発表。選ばれた人も選ばれなかった人も着物への愛着をまたひとつ高め、すがすがしい笑顔で会場をあとにしていく姿が印象的でした!

きものクイーンコンテスト2010の模様

きものクイーンコンテスト2010の模様
きものクイーンに選ばれたのは角田実香さん。赤に桜柄の着物は、成人式にご両親と自分で半額ずつ出し購入したとう。 今年度きものモデルとしてイベントや広告で活動することが決まっている。また副賞としてハワイ・ペア旅行が贈られた。 7月31日(土)には、浅草公会堂にてゆかたクイーンコンテスト2010が開催!
念願のきものクイーンに!
「着物の素晴らしさを世界に広めていきたいです」
きものクイーンコンテスト2010の模様
準クイーンは浅見れいなさんが発表。自身でも何着か着物を持っているそうで、「皆さんからいい刺激を受けました! 私も個性的に着こなしていきたい」と総評。そのほかGINGER編集長よりフォトジェニック賞も発表。

ゲスト審査員・羽田美智子さんによるトークショーも開催

きものクイーンコンテスト2010の模様
お祖母さまの影響で、幼少のころから着物に慣れ親しんでいたという羽田さん。 「着物は着る人の内面まで表すもの。着ていると、仕草まで美しくなれる気がします。日常でもラフに着物を着こなせるようになりたいですね」
きものクイーンコンテスト2010の模様

受賞者紹介をみる

年度別バックナンバー

トップページに戻る

  • きものフリーマガジン kiino
  • - P R -
  • ぷらっとパスポート

ページトップへ